So-net無料ブログ作成

【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!
新商品 ブログトップ
前の3件 | -

「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジ [新商品]

「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジし話題になっています。
ホンダは、モデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」を発表しました。11月10日に販売を開始します。

スーパーカブシリーズは、1958年8月に登場した初代モデル「スーパーカブC100」以来、幅広いユーザーに支持されてきた二輪車のロングセラーモデルです。

今回のモデルチェンジで、レッグシールドからリアフェンダーにかけて滑らかな曲面を構成するなど、エクステリアデザインを一新しました。さらに、使い勝手を高める取り外し可能なサイドカバーやエネルギー効率に優れるLEDの丸形のヘッドライトを採用しています。

あわせて、これをベースに、新聞配達や宅配サービスでの使用を想定して開発されたビジネスモデル「スーパーカブ50プロ」「スーパーカブ110プロ」もラインナップされます。こちらは、小径14インチタイヤや、大型のフロントバスケットおよびリアキャリアが特徴です。プロ仕様があるのも特徴ですね。

WMTCモードの燃費値(1人乗車時)は、スーパーカブ50および50プロが69.4km/リッター、スーパーカブ110および110プロが67.0km/リッターとなっています。さすが、カブ燃費いいですね。

気になる価格は以下の通りです。
スーパーカブ50:23万2200円
スーパーカブ50プロ:25万3800円
スーパーカブ110:27万5400円
スーパーカブ110プロ:29万7000円


スポンサードリンク





コメント(0) 

ファーウェイが“AIプロセッサー”搭載スマホ「Mate 10/10 Pro」を海外発表 [新商品]

ファーウェイが“AIプロセッサー”搭載スマホ「Mate 10/10 Pro」を海外発表したと話題になっています。

発売は「HUAWEI Mate 10」が10月下旬、「HUAWEI Mate 10 Pro」が11月中旬を予定しています。

いずれも、「世界初のAIプロセッサー」をうたう「Kirin 970」を装備した点が特徴です。本体は3Dガラスボディを採用し、画面は「Mate 10」が5.9型液晶ディスプレイ(2560×1440ドット)、「Mate 10 Pro」が6型AMOLEDディスプレイ(2160×1080ドット)を備えました。最近の傾向として、ガラスボディが採用されていますね。iPhone8もそうですが、コードレス充電に対応したつくりになっている?のでしょうね。

「Mate 10」の主な仕様は、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。最大256GBのmicroSDカードスロットも装備。カメラ機能は、メインが約1200万画素カラー+約2000万画素モノクロのデュアルカメラ、サブが約800万画素。バッテリー容量が4000mAh。OSは「Android 8.0」をプリインストールし、独自UI「EMUI 8.0」も採用しています。

本体サイズは150.5(幅)×8.2(高さ)×77.8(奥行)mm、重量は186g。

「Mate 10」の主な仕様は、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。最大256GBのmicroSDカードスロットも装備。カメラ機能は、メインが約1200万画素カラー+約2,000万画素モノクロのデュアルカメラ、サブが約800万画素。バッテリー容量が4000mAh。OSは「Android 8.0」をプリインストールし、独自UI「EMUI 8.0」も採用しています。

本体サイズは154.2(幅)×7.9(高さ)×74.5(奥行)mm、重量は178g。

「世界初のAIプロセッサー」をうたう「Kirin 970」がどのような役割を担うのか全く不明ですが、
気になる価格は、「HUAWEI Mate 10」が699ユーロ、「HUAWEI Mate 10 Pro」が799ユーロです。

このほか同社は、「ポルシェデザインHUAWEI Mate 10」を11月中旬より発売する予定です。この商品がどのようなデザインで出るのか興味深いですね。気になる価格は1395ユーロとなっております。


スポンサードリンク





コメント(0) 

タンクレス構造の気化式加湿器「Rain(Wi-Fi対応モデル)」 [新商品]

バルミューダーから予約受付され、12月上旬に販売されるタンクレス構造の気化式加湿器「Rain(Wi-Fi対応モデル)」2017年モデルが話題になっています。

水を上から注ぎ入れるだけで給水ができるタンクレス構造の加湿器です。
加湿方法は、人が快適だと感じられる約50%の湿度を自然に作り出す気化式を採用しています。乾燥した空気を内部に取り込んだ後、独自の酵素フィルターで吸い込んだ空気を除菌、その後、水を含んだ給水フィルターを通すことにより、湿度を含んだ清潔な空気を室内に送り出します。加熱することがないのでヤケドなどの心配もなく、消費電力も抑えられるといいます。

Wi-Fiにも対応しており、スマートフォンからの操作が可能です。iPhoneとAndroidに対応した専用の「UniAutoアプリ」により、室内の湿度や、その月の電気料金の表示も確認できます。

本体サイズは350×374mm(直径×高さ)で、重量は約5.7kg。気になる価格、46,000円(税抜)となっております。

スポンサードリンク





コメント(0) 
前の3件 | - 新商品 ブログトップ
SEO対策テンプレート